食べても効率的にエネルギーを消費したいなら

食べると太るというのは常識になっています。カロリーを摂取してそれが脂肪となり体に付いていくわけですから太るのは当たり前です。でも消化している時にはエネルギーが使われていて、その消費エネルギーが高くなると脂肪に変わりにくくなりますし、余分な脂肪を逆に燃焼させることも出来ます。消化の時にエネルギーを効率よく消費できる栄養はタンパク質です。食事誘導性熱産生と呼ばれる代謝が行われますが、この代謝がいいと食べ物から得られた栄養が体にめぐりやすくなり、余分なカロリーも消費できますのでタンパク質をしっかりと食べていくことで食べても太りにくいという状況ができるわけです。炭水化物や脂質に比べてタンパク質は代謝が5倍から6倍近く高いので、食べても効率的にエネルギーに変えられることが分かります。逆に炭水化物や脂質はそれだけ太りやすい栄養と言うことになりできれば食べる量を抑えておきたいところです。タンパク質をしっかりと摂取する食事に変えて、代謝を良くしても冷たい水分を摂取しながらとなると大して効果を得られません。冷たい飲み物は控えるようにしましょう。そして水分の摂取は食事から1時間程度時間を置いてから摂取するようにすると代謝を妨げません。少しでも効率的に脂肪を燃やしていきたいと言う人は水分を摂るタイミングもよく考えたうえで行うといいでしょう。塩分の少ない料理を食べて途中で喉が乾くことがないような生活を送ってみてください。川越 美容院