美容師を精神的に追い詰めるクレーム

美容師の仕事をしていて辛い事と言うのはたくさんあるかもしれませんが、体力的にきつい事よりも精神的に追い詰められることの方が辛いかもしれません。良く言われるのは立ち仕事であることや、休日が少ない、といった体力的な問題かもしれませんが、実はお客さんとの間の関係においても美容師を追い詰めてしまうような事もあるようですね。その大きなものはクレームでしょう。仕上がった後になって気に入らなかった事、上手くいかない事などを言ってこられるお客さんに対しては、色々とその対応に神経を使う事になるに違いありません。クレームと言っても、お客さんの方も常識の範囲内で言ってこられることに対しては大して問題ではありません。美容師側に明らかに非があった場合にも誠心誠意頭を下げるしかなく、お客さんの方でも今後気を付けてほしい、という気持ちで言って来られることが殆どです。ですが辛いのは美容師が「どうして自分が責められるのか?」と疑問に思うようなケースでしょう。どんなに腹が立っても相手はお客さんです。一応は受け止めて話を聞かなくてはいけませんし、結果的には美容師自身が納得がいなくてもお詫びを言ったり返金に応じたり、というような事をする事になってしまう事も有ります。そういった事も美容師の精神的苦痛につながるかもしれません。美容師にとってお客さんからのクレームと言うものは精神的ダメージの大きいものです。できればクレームが起きないような施術やサービスを提供したい、と美容師なら誰でも思っていると思いますし、お客さんの方も言いたくて文句を言っている訳ではない事が殆どです。篠崎駅でのアシスタントの求人は教育双方の為にもいかにクレームを少なくするか、という事を美容室側が考えてみる事はとても大切な事だと思うんですね。クレームと言うのはお客さんの気持ちが美容師や美容室から離れて行ってしまう、という損失を招くだけではなく、クレームの対応をしている時間と言うのは、利益には繋がらない時間である、と考えればかなりの損失を招いている事にもなります。できるだけクレームの少ない美容室を目指すには、まずはどうしてクレームが起きるのか、という事を考えてみる必要がありそうです。なぜクレームが多いのか、という事を知るにはまずはクレームの内容を分析してみるとよいのではないでしょうか。一口にクレームと言ってもその内容は様々です。仕上がりのヘアスタイルについてのクレームが多いかもしれませんが、美容師の接客態度に対するクレーム、待ち時間に対するクレーム、販売に対するクレーム、など色々なクレームが考えられます。この美容室ではどんなクレームが多いのか、という事をまずは知らなくてはならないでしょう。