洗顔によって肌の機能が低下してしまっている

子供の頃は洗顔剤等使わずに綺麗な肌を維持することができていました。子供は肌が成長していく過程で常に綺麗な肌を維持することができるということもありそれ程洗顔に力を入れずとも済むわけですが、だからと行って大人はしっかりと洗わないといけないということでもありません。人間の肌には必要な機能が備わっていて、美しさを保つための機能もあります。皮脂を適度に分泌して肌の潤いを逃さないこと、肌には常に潤いが保たれるように保湿機能を持たせること、新しい肌が生まれ変わって汚れた肌はすぐに洗い流される機能などです。こういった機能は洗顔のしすぎで壊されてしまっています。顔に付いている落とさないといけない汚れは基本的に、生活の中で拾ってしまったチリやホコリ、そして分泌され古くなった皮脂や角質の汚れです。これらの汚れは洗顔剤を使わずとも落とすことができます。ぬるめのお湯で軽く洗い流すだけでも肌を綺麗にすることができるし、角質や皮脂の落としすぎを防いで肌の保護機能を活かすことも出来ます。肌の保護機能が大事とわかっていながらスキンケアでは汚れをしっかりと洗い流してその後の化粧水や美容液、クリームまで使って肌から失われた保護機能を人の手で作り出そうとしています。スキンケアで補ってあげても失われた肌の機能は回復しませんので、肌本来の持っている機能を回復させるためには洗顔のしすぎをしないことが重要になります。肌の機能を守って若い肌を維持していけるようになってみてください。蒲田 美容院