普段の髪で来店してシャンプーしてもらう

シャンプーとカットの料金が別料金になっている場合、お客さんの中には「シャンプーぐらい自分でしてから美容室に行く」と言う人もいるものです。ですが美容師の立場から言わせると、それは美容室のもうけを考えるだけではなく、より良い仕上がりを考える面でも、シャンプーも美容室に任せてほしい、と思っている事が多いようです。それはお客さん自身がシャンプーをしてから来店する、と言う事は、お客さんの普段の日常の髪の毛とは違った状態で来店される、と言う事になります。たとえば日頃はワックスなどでスタイリングをしている人が、美容室に行くからといって、綺麗にシャンプーでワックスを落として来店したとすると、それは普段のその人の髪の状態とは異なります。ですが美容師が知りたいのは、そのお客さんは普段はどのようなスタイリングをしているか、と言う事なんですね。その事を念頭に置いて、どういうタイプを好む人なのか、ワックスやそのほかのスタイリング剤を使用する人なのかそうではない人なのか、と言う事を判断し、それをもとに、その人が好むであろうスタイルに仕上げるのが美容師の仕事でもあるんですね。ですから美容室に行くときは、本当は普段生活しているままのスタイルで来店する方が、美容師としては助かるし、おそらくお客さんにより喜んでもらえるスタイルに仕上がる可能性が高いです。自由が丘 美容院