日焼けで肌に傷みが残ってしまった時の注意

強い紫外線に肌を晒しているとすぐに日焼けをしてしまいます。そして肌が日焼けすると黒くなったり赤くなったりします。この時にもしも赤くなるようなら、その肌は紫外線に対して抵抗力が弱いと言うことになります。日焼けをした時に赤くなると皮膚がただれたりめくれたりします。その状態になったらうかつなケアは危険です。いくつか守らないといけないことがあるので、正しいケアを心がけていくようにしましょう。まずは石鹸やボディソープを使うことは出来ません。かなり肌が敏感になっている状態なので、石鹸を使ってしまうと肌に染みるはずです。傷みを感じるということは強い刺激になってしまっているということなので使わないようにしましょう。もしもお湯に入った時に傷みを感じるなら温度が高過ぎる可能性が考えられます。いつも同じような温度では肌に負担がかかるので、少しお湯の温度を下げて入るようにしてください。体を洗うことも一苦労なため日焼け止めを使っあとに汚れを落とすことも苦労します。できれば石鹸などでは落とさずにお湯で落とすようにします。日焼け止めを使わずに長袖などで紫外線対策を行うというのも効果があります。傷みがなくなるまでは体に対して慎重に接して上げることが必要になりますので、あまり日焼け止めを使った紫外線対策をしないようにしてみましょう。日焼け止めを使うときには効果の弱い肌の負担の軽い物を選んで使うように心がけると肌の治りも早くなりますよ。辻堂 美容院