夜のお手入れ

日中デジタルパーマのキープ力を実感したら、きっとデジタルパーマにしてよかった、と思う事でしょう。ですが肝心なのは夜寝る前にどのようにお手入れをするか、と言う事です。きちんとケアしなければ、せっかくのデジタルパーマも効力が失われていきます。そのためにはきちんとしたケアが必要になります。それはどのようなパーマの場合でも同じことでしょう。デジタルパーマの基本はきちんと乾かす事です。これは寝る前のケアでも同じです。むしろ寝る前こそきちんと乾かしておくことが他k説です。乾かす時には必ずトリートメントやヘアパックを使用して、熱から髪を守ってやります。また櫛で梳かすのも避けた方が良いです。デジタルパーマの場合は手櫛で整えるのが基本だ、と言う事を忘れないようにしましょう。そうする事で長期間、きれいなパーマラインを保つことができます。また髪の毛を乾かす事はとても大切な事なのですが、乾燥しすぎる事は逆にダメージの原因となります。ですから乾燥から髪の毛を守るケアもしっかりとしなくてはいけません。寝る前にはオイル系のトリートメントを使用するのも一つの方法です。自分の髪質に合ったトリートメントを探してみましょう。デジタルパーマをかけた時に美容師さんに紹介してもらうのが良いと思います。年齢を重ねていくとシワが刻まれるようになり、普段どこにシワを作っているのか分かりやすくなります。それはそのままその人の性格や人柄を表す事になってしまい、印象が悪くなってしまう人もいます。普段から性格が穏やかで笑うことの多い人は笑いシワが目尻にできて柔らかい表情がそのまま出てきます。普段から起こっている人は目つきが鋭く眉間にしわが多くできるようになります。ネガティブで何に対しても不満を抱えてしまっている人は口元が下がり口角がへの字口になってしまいます。もちろん食生活や生活習慣の乱れはそのまま肌の汚れとしても出てきてしまいます。このように年齢を重ねていくとそれまでどのように過ごしてきたのかが顔に出てしまいます。若いときから笑顔を意識して生活を送っていくとそれだけで魅力的な年の重ね方ができるようになっていきます。美容というのは日々の積み重ねがとても重要で、スキンケアや食生活はもちろん私生活での過ごし方がそのまま顔に出てしまうのです。自分の性格を見つめ直してみて、10年後の自分を想像してみましょう。普段からどういった感情で表情を作っているのかを考えてみるとどういった顔になっているのかが予想できます。周りの人が見て魅力的に感じてくれるような生活を送っていくことを心掛けましょう。毎日を幸せで充実した生活を送っていれば、10年後にはその幸せが肌に現れて、誰よりも輝ける自分を維持できるようになっているはずですよ。相模大野 美容院