外観を見た時のワクワク感

美容室の外観を見ただけで、お客さんに「今度この美容室に行ってみよう」と思わせるようにするには、どの様な事が必要になるのでしょうか。お客さんの気持ちになってみたらわかりやすいと思うのですが、おそらくお客さんがその美容室に惹かれるのは、その店内には行った雰囲気が想像できる、と言う事と、こういう場所には行ってみたい、というあこがれのような気持を抱くからではないでしょうか。美容室の外観と言うのは、少なくとも個人の住宅とは違いますよね。そして他の業種の店舗と比べて「オシャレである」場合が一般的です。つまり一般の人から見たら「素敵!」「こんなところに住みたい!」「中はどんなになっているのか知りたい!」と思わせるような外観であることが求められていると思うんですね。その外観を見て、その中に入った時に過ごせるであろう、素敵な時間を想像してワクワクする、そんな外観が求められていると思います。簡単に言えば雰囲気が大切、と言う事かもしれません。もちろん人によって好みはあると思います。ですがその美容室に対して好感を持った、と言う事は少なくとも、その美容室がコンセプトとしている事に好感が持てる人が、その美容室を気に留めている、と言う事になるのではないでしょうか。多くの若い人たちは、特に大学生になったり専門学校生になったりすると、髪を染めたい、と考えるようになる様です。実際に高校の卒業式と合わせた時期に、美容室の予約はカラーリングに殺到するようです。大学のキャンパスには、色々の髪色の学生たちがいますし、時には奇抜な髪色の子たちもいます。その子たちが全員チャラい、なんてありえない話ですし、本人たちにとっては至ってシンプルな自己表現の一つであるようです。付ける苦紅の色が違うのと同じように、ちょっと髪色を変えてみる、その程度の意識なのだと思います。それなのにいざ就職活動が始まる、となるとこぞって黒染めをしたり、その時期に合わせて髪を伸ばして、地毛に戻せるようにする子が続出します。つまり本人たちも「この髪色では印象が悪い」と自覚してしまっているんですね。なんとなく心のどこかでは「何が悪いの?」と思っている人もいるはずなんですが、多くの人たちは何となく慣習に流されていっているように思います。もしも実際に茶髪のまま面接を受けたらどうなのでしょうか?そんなに印象が悪いのでしょうか?そういって髪色のコントロールを若い人たちがしている事を美容師さん達もよく分かっています。ですから就活が始まるまでには黒色に戻せるように、と言う事を美容師と一緒に考えて髪色を決めている人も多くいるようです。ネイル ネイルサロン 北生駒 ジェル フレンチ 人気 オフ込