固形石鹸で優しく洗顔しよう

洗顔の時に何で顔を洗うかはとても重要です。洗顔だから綺麗に汚れを落としたいと考えがちですが、洗顔フォーム等は洗浄力が高すぎて肌に必要な物まで洗い流してしまいます。肌の事を考えるならこれだと逆に肌がむき出し状態になり乾燥しやすく細菌からの攻撃も受けやすくなります。洗顔の時には肌を間織るために必要なバリアは残し、余分な汚れを洗い流すということが理想的です。洗浄力の高すぎる洗顔フォームではなく、昔から使われてきた固形石鹸を使って洗ってみると肌の調子も良くなるかもしれません。固形石鹸は昔から使われているということもあり、安心して肌に使うことができます。洗浄力の高さで肌を傷めてしまう可能性も低いです。乾燥肌に悩まされている人は特に固形の石鹸を使って洗顔をしてみると丁度いい具合に洗えるかもしれませんので試してみてください。洗い方としては、32度くらいのお湯でまず洗い流し、お湯で落とせる汚れを落としてしまいます。それから石鹸をしっかりと泡立てて、皮脂分泌の多いTゾーンとUゾーンを中心に洗います。優しく指の腹でなでるように洗いましょう。泡が顔に付いている時間は長くて2分、乾燥肌なら1分を目途に洗います。石鹸は顔から全部洗い流す事が重要になるためすすぎはしっかりと行ないましょう。特に鼻は洗い残しが出やすいので隅々まですすぐようにします。顔を拭くときには力を入れず、擦ることもいけません。水分をタオルに吸い込ませるように水分を落とします。洗顔方法が良くなると肌は生き返りますので、今の洗顔が自分の肌に合っていないと思うときには洗顔方法を見直してみましょう。髪の毛を整えるために行うブラッシング。実はヘアケアの基本でもあります。ただ髪の毛の通りを滑らかにするだけではありません。ブラッシングのもたらす効果を理解して綺麗な髪の毛を育てるようにしていきましょう。ブラッシングは髪の毛の絡みを解し髪の毛に付着した埃や汚れを落としてくれます。頭皮は皮脂の分泌量が多く非常に汚れやすく荒れやすい環境のため髪の毛に着いた汚れを落とす事で頭皮環境を守ることにつながります。ブラッシングを行うと頭皮に適度な刺激が与えられます。健康的で綺麗な髪の毛は頭皮の状態によってつくられていますので、適度なマッサージ効果は血行を良くし、質のいい髪の毛の成長につながります。頭皮を刺激し、頭皮から分泌された皮脂を髪の毛に絡めるという効果もあります。皮脂が髪の毛に適度に行き渡るとツヤが出てきます。光に反射する綺麗な髪の毛にするためにはブラッシングで皮脂を絡ませてあげるといいわけです。シャンプーのときにブラッシングをするとシャンプー効果が高くなる事も有名です。ブラッシングをしてからシャンプーをすれば少ないシャンプーで洗うことが出来て、頭皮の洗浄しすぎ問題も解決できます。このようにブラッシングだけで良質な髪の毛が育つ環境を整えることが出来ます。ただあまり刺激を期待して頭皮を強く抑えてしまうようなブラッシングが頭皮を傷めてしまいます。あくまで優しく、髪の毛を整えるようにブラッシングを行なっていってください。北千住 美容院