冷やしシャンプーの定着

この「冷やしシャンプー」という名称が定着したのには、マスメディアの功績があるようです。実際にはクールシャンプーを行っていた理容院が、宣伝文句として、夏になるとお目見えする「冷やし中華始めました」という看板をもじって「冷やしシャンプー始めました」と店頭のポップに書いた様なんですね。するとそれを見たお客さんや町の人たちが、おもしろい看板がある、と目にとめる様になり、やがて地方のテレビ局やラジオ局で取り上げられるようになったと言います。それに乗じて全国美容・美容協同組合などがキャンペーンを始めるに至ったようですね。やがてその注目度は全国区に広がり、キー局のテレビ番組などでも多く取り上げられるようになり、「冷やしシャンプー」の知名度がさらに上がった、と言う事の様です。発祥が山形県で合ったにもかかわらず、やがて日々の天気予報で常に日本一の暑さを記録するような熊谷市などでもこの冷やしシャンプーを取り入れる様になり、日本一の熱さと冷やしシャンプーで町おこしを始めるようになったようですね。そして「冷やしシャンプー始めました」というロゴは、ついに商法登録されるに至りました。いち理容院が始めたアイディアがメディアを通じて全国区になっていった、というわけです。池袋 美容院