入浴中の洗顔には気をつけて

美容にこだわるならお風呂の入り方にこだわりを持ってみましょう。基本的にお風呂の温度は37度から38度程度が理想的と言われています。40度を超えるお湯に浸かっている人もいますがそれだとこれから睡眠に付くときの妨げになってしまう可能性もあります。夜のお風呂でこれから睡眠に付くという人は高すぎるお湯には入らないようにしてください。一番気をつけてほしいことが、洗顔です。洗顔の何に気をつければいいのかというと、洗顔に最適な温度と、入浴に最適な温度は違うということです。お風呂の温度がもしも33度程度のお湯なら洗顔をそのままお風呂でしても構いません。でも33度のお湯では体が温まりませんし、血行促進や代謝アップ、デトックス効果といった入浴で得られる美容効果が弱くなってしまいます。逆にお風呂の温度を37度にして、そのお湯で洗顔を行ってしまうと顔の乾燥が始まります。37度のお湯は肌を乾燥させてしまう位の温度になりますので、洗顔をそのままやってしまうと乾燥しやすくなってしまいます。洗顔の理想的な温度は32度から34度程度と言われている理由はちょうど皮脂が溶ける温度だからです。それ以下では皮脂汚れが落ちませんし、それ以上にすると洗いすぎ状態になり乾燥しやすくなってしまうのです。お風呂に最適な温度と洗顔に最適な温度は違うので、洗顔の時には洗顔用のお湯を準備して洗うようにしてください。些細なことに感じられますが、毎日続けていくと大きな違いとなって現れてきます。宇都宮 美容院