体の酸化を防ぐためには食べ物から

人間は酸素を使って生きている生き物です。呼吸の時に酸素を取り込み食べ物からエネルギーを作り出し生活をしています。酸素が無いと人間は生きていくことができなくなります。そんな生きるために必要な酸素ですが、体にとっては毒素にもなります。過剰に取り込んだ酸素や、使われなかった酸素はフリーラジカルという不安定な状態になり、体を酸化させてしまいます。人間にはフリーラジカルを抑えるための酵素がありますが、それも量が蓄積されてきてしまっては酸化を抑えることができません。細胞を酸化させて本来の性質を奪い、肌を老化させていきます。人間の体にある酵素の働きだけでは酸化を抑えることができなくなった時に抗酸化作用のある食べ物が必要になります。抗酸化作用のある物といえば、果物やワイン等に含まれているポリフェノールや柑橘類に多く含まれているビタミンCが有名です。フリーラジカルが体の細胞と反応してしまう前にビタミンC等がフリーラジカルと反応し無害な状態にすることで体の酸化を抑えることができるようになるのです。抗酸化作用のある物はポリフェノールやビタミンCだけではありませんが、抗酸化作用のある栄養を多く含んだ食べ物を食べることでアンチエイジングになるのです。体の酸化は肌の老化だけでなく健康そのものに大きな悪影響を与えてしまいますのでしっかりと対策を立てていく必要があります。まずは食べる物から見なおして酸化を防いでいくようにしてください。五反田 美容院