乾燥肌なのになぜニキビができるのか

ニキビは皮脂が毛穴に詰まった時に出来ます。詰まり皮脂分泌の少ない乾燥肌ではニキビができにくいということになります。でも実際には乾燥肌でもニキビは出来ますし、むしろ乾燥肌だからニキビに悩まされている人も多い状態です。どうして皮脂の少ない乾燥肌の人がニキビに悩まされてしまうのでしょうか。ニキビは毛穴に詰まるとできるので、毛穴が小さくなっていると皮脂が詰まりやすくなります。これは思春期ニキビが出来るケースと同じで、若い時には毛穴が小さいために過剰なホルモン分泌による皮脂の作成によってニキビが出来てしまいます。乾燥肌の人も毛穴が小さくなります。水分が肌から不足して角質が厚くなると毛穴が小さくなってしまい、皮脂が詰まりやすくなります。乾燥肌の人は皮脂の分泌量が少ないわけですが、それでも毛穴が小さくなって皮脂が少しでも詰まればニキビになってしまうということです。乾燥肌でニキビが出来てしまった人は肌の水分を取り戻してあげる必要があります。角質層は水分を失っている状態なので水分を補ってあげれば毛穴も広がって皮脂の詰まりも起きにくくなります。すると自然とニキビもできにくくなり綺麗な肌になっていくということです。肌の水分補給はスキンケアだけで行える物ではありません。ターンオーバーが正常に機能して始めて肌の水分が取り戻せます。ターンオーバーが乱れてしまっている人は根本的な生活習慣の見直しから初めて行くと乾燥肌のニキビを改善できるようになります。調布 美容院