ドライヤーを使うときの間違った乾かし方について

ドライヤーの使い方で疑問に感じる事は余り多くないかもしれません。でも勘違いの乾かし方をしているといつの間にか髪の毛を傷めてしまっている事になります。人によって乾かし方はそれぞれ違いますが、いくつかNGとなるポイントを紹介します。まずは温風のみでの乾燥です。普通は暖かい風で一気に乾かしてしまえば時間も短縮できて簡単に乾くように感じます。実際時間の短縮にはつながりますが、温風だけの乾燥には問題点もあります。それは髪の毛が乾燥しすぎてしまう事です。濡れている髪の毛はキューティクルが開いている状態です。その状態では髪の毛の内部の水分も逃げて行ってしまうため温風だけで乾かしてしまうと乾燥しすぎてしまう可能性もあります。髪の毛を乾燥させるのはキューティクルを引き締めて髪の毛の内部を守る事にあります。キューティクルを閉じさせるためには冷風を使って引き締めてあげる必要があります。髪の毛は毛先ほどダメージを受けています。それは髪の毛自体に修復する力がなく、傷んだ髪の毛は元に戻る事がないからですが、この状態でドライヤーを使ってしまうと傷みがさらにひどくなっていきます。傷みやすい毛先は乾燥させすぎないように気を付けてあげてください。ドライヤーは基本的に頭皮を乾かし、根元から毛先に向かって乾かしていきます。そうすれば無駄なく素早く傷めずに乾かす事ができます。ドライヤーの乾燥の仕方で間違っているところがあるならすぐに直して使っていきましょう。今よりも綺麗になるためとはいえ、ダイエットを行う事は中々辛い事も多く、特に食欲のコントロールは難しいものがあります。我慢のし過ぎはかえってダイエットの失敗につながりますので、たとえ夜中でも空腹が続くようなら何かを食べたほうがダイエットのためにも美容のためにもなります。ただなんでも食べていいというわけではなく、食べる物を厳選して行くと食欲もコントロールすることができます。空腹時は血糖値が低い状態で、そんな状態の時に炭水化物を摂ってしまうと血糖値の上昇を招くことになります。血糖値が上がるとインスリンが分泌されて、少しの量でも体が太ってしまいます。空腹時の炭水化物は魅力的でありますが、そこは我慢が必要になります。一番いいのがサラダで、野菜なら血糖値の急激な上昇を防ぐことができますし、お腹も満たされます。血糖値が上がってしまうと次から次へと食べたくなりますので、炭水化物の誘惑には負けないようにしましょう。炭水化物を摂るよりも脂質を摂ったほうがまだダイエットにはいい効果があります。脂質は脂肪に変わりやすくなりますが、脂肪は運動で燃焼させていく事も出来ますので、どうしても我慢できない時には魚や肉を食べて炭水化物は避けるようにします。空腹時は血糖値の上昇を考えて食べるとダイエットにいい食べ方を出来るようになり、食欲もコントロールしやすくなります。血糖値を上げにく野菜やたんぱく質を取りお腹を満たしていくようにするといいでしょう。ヘアサロン 原宿駅 カラー トリートメント おすすめ 人気 主婦