ダイエットをするなら体重と体脂肪率を調べてから行おう

ダイエットをするときには目標体重を設定することが重要になります。女性が健康的に過ごすことの出来る体重は身長m×身長m×22の体重が理想的と言われています。女性の場合は体脂肪率も重要で、標準的な体脂肪率は20%前後と言われています。このくらいの体重と体脂肪率を維持できれば健康的な生活を送れるようになり、長生きもしやすくなります。テレビ等で見る綺麗な女優やモデルは身長m×身長m×18程度の体重が理想的と言われています。それよりも体重が減ってきてしまうと痩せすぎになり健康にも美容にもよくない状態になります。まず自分にダイエットが本当に必要なのかを考えてみてください。体重が健康体重よりも上なら健康体重を目指してダイエットする意味がありますが、健康的な体重なのにダイエットをする必要はありません。体脂肪率にしても20%後半位になると少し太りすぎになりますが、20%前半位ならまだダイエットが必要な状態とは言えません。本当にダイエットが必要かどうかを判断してからダイエットを始めるようにしましょう。そしてダイエットを始めるときには痩せすぎに注意が必要です。身長m×身長m×17.6以下になると危険な痩せすぎ状態になります。体脂肪率なら10%近くまで下がってしまうと危険な水準に入ります。体重と体脂肪率の両方を比べたうえで自分の体は理想的などうかを考えてみてください。その上で必要な分だけダイエットをしていくようにすると痩せすぎること無くダイエットを行うことができます。タバコは美容に良くないと言われているますが、それはビタミンCを奪ってしまうということが一つの原因です。ビタミンCは抗酸化作用、メラニン生成の抑制、コラーゲン生成に必要になる等美容には欠かす事のできない栄養です。そのビタミンCが体からなくなってしまっては肌は若返ることが出来ませんし、老化も進行していきます。ビタミンCは1日に100mg最低でも必要と言われています。女性の場合は妊娠中や授乳期間等になるとさらにビタミンCが必要になるわけですが、最低でも必要なビタミンC100mgというのはレモンを丸ごと2個分食べる必要があると言われている量です。これはあくまでも最低量で美容に良い効果を発揮してくれるようにするためにはもっと多く摂取する必要があります。ストレスに対応するために必要なビタミンCは1000mg必要何て言われているので、ビタミンCというのは日々不足しがちになる栄養なのです。体の中で作られる物でもありませんのでとにかく食べて摂取するという事が重要になるわけです。そんな貴重なビタミンCはタバコによって簡単に失われていきます。タバコ1本で50mg失われるということなので、ヘビースモーカーと呼ばれている人はビタミンCが常に不足している状態になります。タバコ1本でレモン1個ということを考えると単純に1日20本タバコを吸う人はレモンを最低でも22個食べる必要があるということになります。美容に必要なビタミンCを失わないようにするためにもタバコは出来るだけやめたほうが良いということなのです。
蒲田 美容室

ルベル
http://www.lebel.co.jp/