コラーゲンとヒアルロン酸を摂ろう

肌の曲がり角をむかえると、肌からは弾力が失われていきます。これは肌を構成しているコラーゲンやヒアルロン酸が減少してきている事が原因です。肌の真皮層は60%のコラーゲンでできていると言われています。これが本来肌のみずみずしさや弾力を生み出しているのですが、年齢を重ねていくと減少していきます。肌の曲がり角をむかえるとたるみ、シミ、シワ、ほうれい線、肌の乾燥といった悩みが増えてきます。大体の原因が真皮層からコラーゲンやヒアルロン酸が減少しているという事です。コラーゲンは鶏肉の皮やゼリー、牛肉等に多く含まれています。ヒアルロン酸は手羽先、ウナギ、フカヒレ等に多く含まれています。野菜でヒアルロン酸を摂取するなら納豆等の粘りの強いものを食べるいいでしょう。コラーゲンは摂るときに注意しないといけません。コラーゲンの摂り過ぎは肥満につながる可能性があるからです。コラーゲンを多く含んでいる食品には脂肪も多く含まれているケースが多く、コラーゲンは肌に良いという評判だけで大量に食べてしまうとそれだけ太ってしまうことになります。いくら肌にとっていい物とはいえバランスを考えて摂取する事が大事になります。ヒアルロン酸も同じで摂りすぎてしまうと太ってしまいます。肌が綺麗になってもスタイルが悪くなってしまっては意味がありません。いきなり大量に栄養を取るのではなく、毎日適量を食べて行き無駄なカロリーを消費していくという事が大事です。アンチエイジングは老化の防止や若返りという意味を含んで使われています。でも薬品でもない化粧品にそんな力はありません。事実化粧品ではアンチエイジングを謳うことは出来ませんし、されてもいません。化粧品を使ってスキンケアを行っている女性は多いと思いますが、アンチエイジングのためではないなら何のためにスキンケアを行なっているのか疑問に思って仕舞うかもしれません。スキンケアで行なえることはエイジングケアで、老化を防ぐことではなく、年齢相応の肌を維持するという事が目的です。30歳には30歳の肌があり、40歳には40歳の肌があります。30歳で40歳の肌では肌が老化しているので30歳の肌に戻せるようにエイジングケアを行ないます。30歳の肌を20歳の肌にすることが目的ではないのです。アンチエイジングとエイジングケアの違いは曖昧な部分もありますが、スキンケアにはエイジングケアを行うという目的があって、老化を防ぐのではなく維持するというイメージで行う事が正しいのです。生活習慣の送り方や食生活の不規則性、栄養バランスの崩れなどから、年齢以上に肌が老化してしまっている人が増えてきています。そんな人も毎日のスキンケアを行うことで肌を年相応な物に維持することができます。今の年齢以上に肌を衰えさせないためにに毎日のケアがとても重要になります。エイジングケアとアンチエイジングの違いを理解していないと若返ることを目的にスキンケアをしてしまい、間違ったケア方法を行なってしまうかもしれませんので、若返るよりも維持する事を考えてケアしていくようにしましょう。美容室 ヘアサロン 北生駒 カット カラー パーマ メンズ 人気