キャンセルするタイミング

美容室の役をキャンセルする事は、誰にでもあり得る事でしょうけれども、そのキャンセルの仕方、というのはやはり常識の範囲内であるべきだと思いますよね。ここでも人によって価値観が違うのかもしれませんが、普通に考えたら、どの時点でのキャンセルまでは、常識の範囲内だ、と思われるでしょうか? 例えばホテルの予約をする時には、キャンセルについても取り扱いが明確に表示されているケースがほとんどです。何日前までならキャンセル料はかからない、何日前なら何パーセントのキャンセル料がかかる、当日なら全額支払い、などのルールが定められていて、私達もそれに納得してキャンセルを考えます。やむを得ない時にはキャンセル料を支払わなくてはいけない事態も発生します。ですが美容室において、キャンセル料を求めてくる美容室、というのは滅多にないように思います。もしもそういう美容室があったとしたら、逆に「なにその美容室?そんなに高飛車なの?」と言う風にお客さんは思うかもしれませんね。つまりお客さんにとっては美容室は都合が悪くなったらキャンセルしても良いもの、という意識が強いと思うのです。たとえそれが前日であっても当日であっても、抵抗なくキャンセルをする人は、案外多いのではないでしょうか。東伏見 美容院