カウンセリングでのトーク

話をするのが苦手、というお客さんにとってはカウンセリングでの美容師とのやり取りですら苦痛だ、という事もあり得ます。ですがこればかりは美容師としては譲れない所でしょう。カウンセリングでうまくお客さんの要望を聞き出す事が出来るかどうか、という事は仕上りを満足してもらえるかどうか、という事に大きく影響するからです。美容師が聞きたいのはまずは「どんなスタイルにしたいか」という事だと思うのですが、話をするのが苦手、というお客さんの中にはそれすら上手く説明できない人もいます。ですから美容師の方から色々と質問をして、お客さんの要望を聞き出そうとすることが多くなります。肝心なのはそういった質問をする時に「このお客さんは話すのが苦手なのだ」という事を意識して質問を投げかける事が大切、という事だと思うのです。話をするのが苦手、という人は、質問に答えるのも、もはや質問される事も苦手である事が多いでしょう。そういったお客さんに対して、あれこれと質問をしてしまっては良い印象は持たれません。たとえば美容師が普段のライフスタイルを聞きたくて「お仕事はどんな動作が多いですか?」などと聞いたとします。そうするとお客さんにとっては「どうしてそんな事が髪型と関係あるの?」と怪訝に思ってしまうかもしれません。

話したいのか、聞きたいのか

お客さんの中には「話をするのが好き」という人と「話を聞くのが好き」という人がいると思います。お客さんがどんなタイプの人なのか、という事を出来るだけ早く見極める事が美容師には必要だと思うのです。どんなに自分のトーク術が優れていたとしても、聞く態度が悪ければお客さんは面白くないかもしれませんよね。そのお客さんはもしかしたらとても話をしたい、聞いてほしい、と思っているかもしれません。美容室と言う場所は特に女性客にとっては、自分にとってとても心地よい空間、日常を忘れさせてくれる空間、ストレス発散の場所、と思っている人が多いのです。特にストレス発散、という事に関して言えば、女性は「話してしまうとすっきりする」と言います。ですがストレスを吐き出す相手を間違えると大変な事になります。その点美容師に話すのは「自分を解ってくれている他人」なので、話す相手としてはとてもちょうどいいのです。美容室で会社の上司の悪口を話したからといってその話が自分の会社内の人に伝わるような事は、余程の事が無い限りあり得ません。ですから口を吐き出すにはちょうど良い場所であり相手なんですね。そう思っているのにも拘らず、座っているとひたすら美容師が自分の事を話す、というのでは、お客さんは面白くない時間となってしまいますよね。

Pickup site !!

カラーとヘッドスパが得意な本格派サロン
三軒茶屋にあるヘアサロン
LILY HAIR DESIGN
八潮にある美容室
ご自宅でも手入れしやすいスタイルを提案
大塚にある美容室