エラスチンの働きについて

肌の老化を防ぐためにはコラーゲンやエラスチンが大事なんてよく言われています。コラーゲンに関しては知識を持っている人も多いかもしれません。美容のために必要と言われて、コラーゲン鍋のようなコラーゲンを多く摂取できる料理も有名です。でもエラスチンに関してはあまり知られていないかもしれません。エラスチンがなくなるとどうして美容に良くないのでしょうか。コラーゲンは肌を構成する成分の中でも特に割合が多く、コラーゲンのお陰で肌はきめ細かく潤いがあり、弾力も維持できます。でもこのコラーゲンだけでは肌の若さは維持できません。コラーゲンはエラスチンによって支えられているからです。エラスチンがなくなってくるとコラーゲンを支えることができなくなり、肌がたるんできてしまいます。重力に逆らうことができなくなるため、どんどんと下に下がっていってしまうわけです。エラスチンはコラーゲンの周りに存在していて、コラーゲンが多くなるほどその働きも活発になります。でもエラスチンがなくなってくると肌は弾力を失っていきます。よく肌の若さを図るときに肌を指で押してみて戻る時間を調べる人がいますが、肌の弾力を生み出すエラスチンがなくなれば肌が元に戻りにくくなります。コラーゲンだけでもなんとか弾力を生み出せますが、エラスチンがなくなるとコラーゲンだけの弾力もなくなっていきます。エラスチンを生み出すためにも、ビタミンAやビタミンCの摂取を心がけていくようにしてみてください。国分寺 美容院